大阪

大阪の看護師転職事情

大阪は、看護師の数が東京に次いで二番目に多い都道府県です。

東京が約69000人なのに対して、大阪は約50000人です。

5000人や10000人という都道府県も多数あるので、どれだけ大阪の看護師が多いか分かると思います。

しかし、だからといって、看護師の数が足りているとは限りません。

実際、大阪は人口10万人に対して、看護師は約870人と全国的に見てそれほど高い数字はありません。

人口10万人に対して、看護師の数が1000人を超えているところが多くあるので、逆に大阪は看護師が不足している地域だと認識した方が良いでしょう。

では、なぜ大阪は看護師不足に悩まされているのでしょうか?

それは、一部地域に看護師が固まっているからです。

アクセスが便利な地域や栄えている地域は、看護師が足りていますが、アクセスが悪い地域や中心部から外れている地域は、

看護師が不足しています。
特に泉南地区は、非常に看護師の数が不足しているといわれています。

ただ、アクセスが便利な地域でお仕事をしたいと思われるのは当然のことなので、これは仕方が無いかもしれません。

しかし、逆にいうと大阪で転職を考えている人は、そういった看護師不足に悩まれている地域でお仕事を探すことで、

短期間で転職ができる可能性が高いです。

人気のある地域はライバルも多いので、あえてそういったところでお仕事を探すのも良いかもしれません。

看護師求人紹介 実績No.1【ナース人材バンク】 無料会員登録


人気、実績ともナンバー1です。

 

大阪の看護師さんの離職率とは?

大阪の看護師さんの離職率は、全国でも高いといわれています。

特に中心部になればなるほど、高くなる傾向があり、この点は東京と似ています。

では、どうして大阪は離職率が高いのでしょうか?

その理由と考えられるのは、東京と同じようにストレスが溜まりやすい環境という点です。

大阪や東京といった大都市の場合、人口が多い分、看護師一人一人への負担が大きいです。

そのため、心も体も疲れてしまい、やがて退職してしまうということが考えられます。

特に小さな病院の場合は、大きな病院に看護師を取られてしまい、十分な人員を確保できません。

その結果、少ない人数で業務をこなさないといけなくなり、より一層看護師への負担が大きくなってしまいます。

そして、また退職者が出るという悪循環に陥っていると思われます。

実際、大阪の離職者のほとんどは、中小病院で働いていた看護師です。

その離職した看護師は、みなさん大きな病院に勤めようとするので、必然的に倍率が増えてしまい、転職が難しい状況を生んでしまっているのです。

そこで、より良い転職をするためにも、看護師転職支援サイトを利用した方が良いでしょう。

看護師転職支援サイトを利用することで、非公開求人を紹介してもらうことができ、ライバルの少ない好条件の求人に応募することができます。

大阪で転職を考えている看護師は、看護師転職支援サイトを利用して、納得いく転職を行なってください。


大阪で人気の転職支援サービスはコチラ


ナース人材バンク


大阪病院情報

NTT西日本病院

東大阪病院

 

 

Page top

転職を考えている看護師さん必見。看護師向け転職・求人サイトや、転職を支援する情報をご紹介しています。