e-ナースセンター

そもそもナースセンターとは

■大本のことも理解していかないといけないです■
e-ナースセンターを理解しようと思うと、どうしたってナースセンターの事を理解しておかないといけませ
んよね。e-ナースセンターとは、ナースセンターの大本なんですけどね。ナースセンターとは、1992年に「看護師等の人材確保の促進に関する法律」に基づき設置されました。都道府県ナースセンターは、都道府県の
看護協会が都道府県知事の指定を受けて運営しているのだそうです。

このナースセンターですが、47都道府県に必ず一つの都道府県ナースセンターがあります。北海道、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県には支所もありますよ。

ナースバンクの事業としては、就職先を探している看護職と、看護職員を雇用したいと考えている施設に
無料で職業紹介をしています。この業務は、厚生労働大臣の認可を受け、各都道府県の公共職業安定所の
管轄のもとに実施しているのです。また、それだけではなくて、ブランクがあって心配な看護職者の為に、
最新の知識・技術を学ぶ研修会、臨床研修実施の病院紹介、就職相談イベントや個別の相談等を行って
います。これも大きいですよね。

また、訪問看護支援事業も行っています。年配になったり病気になったりして、看護や医療が必要になって
も住みなれた地域で暮らし続けられるよう訪問看護が行われているわけです。各地で訪問看護ステーションが設置され、また病院や保健所等から出向いた訪問看護も行われているのだそうです。今後も、訪問看護の
世界ってまちがいなく、発展していく事になるかと思いますからね。この役割は、今後も重要な役割を
担う事になると思います。

 

とても手軽です

e-ナースセンターとは、各都道府県にあるナースセンターで行っている無料職業紹介をインターネット上で
展開しているものです。その対象は、看護職に従事している人だけではなくて、看護職を目指す学生、看護職を採用する求人施設までもが利用できます。ナースセンターに直接足を運ばなくても、インターネット上で、登録、検索、紹介依頼等ができます。

e-ナースセンターの各ページの特徴は、「仕事を探す」、「人材を探す」、「進路情報」になります。
仕事を探す場合は、看護職を採用する求人施設のための無料で人材を紹介するページになっていて、アカ
ウントの登録を行わなくても希望する人材を検索し、情報を得ることが可能なんです。便利ですよね。また、
ユーザIDを取得すると、より詳細な情報を検索できます。また、ナースセンターを通じてその人材を紹介してもらうことができるのだそうです。

人材を探す場合は、看護職を採用する求人施設のための無料で人材を紹介するページになっています。これが
特徴的かなと思いますね。というのも、求人支援サービスであれば、基本的には仕事を探している人のみが
利用するものでしょう。裏では、会社も利用しているのですが、それはあまり目立たないものなんですけ
どねぇ。それがTOPページにあるわけですからね。かなり独創的といえると思います。

ちなみに、ナースセンターが取り扱っている求人情報は、49000件以上です。そこまで豊富な案件を取り揃え
ていながら、倍率はわずかに2.85倍です。このくらいの倍率の低さであれば、転職しやすいといえるのではな
いでしょうかね。

 

 

Page top

転職を考えている看護師さん必見。看護師向け転職・求人サイトや、転職を支援する情報をご紹介しています。